トップページ本島中南部那覇市周辺空港・高速系統本島北部周辺本島周辺の島宮古諸島八重山諸島
船舶案内バスの運賃バスの乗り方主なバスのりば当団体についてお問い合わせ

当団体についてバスマップの概要バスマップの配布効果その他の取り組みメディア

当団体について

沖縄県は、過度のクルマ社会です。バスを利用する人は年々、減少しています。しかし、クルマ依存の様々な弊害を鑑みると、公共交通の利便性を高めてクルマ利用を減らすことは、社会的な要請といえます。
バスマップ沖縄はこのような観点から、沖縄県内のバス利用の促進に取り組んでいる、任意団体です。バスの利用情報案内ツールバスマップ沖縄(Web版及び紙版)の作成、配布を活動の中心としています。

バスマップの作成には慎重を期していますが、誤記やダイヤ改正等の反映が遅れるなどの可能性があります。それらによる責には応じかねますこと、ご了承ください。

名称 バスマップ沖縄(任意団体) 主宰 谷田貝 哲
住所 〒900-004 那覇市銘苅2-3-1 なは市民活動支援センター内
※活動に当たっては、那覇市役所、一般社団法人那覇市観光協会、医療法人 社団 輔仁会 田崎病院、NPO法人バリアフリーネットワーク会議、おきなわ工房、小浦佳奈子氏、ucara123氏、又吉圭太氏、以上の方々のご協力をいただいています。また、路線や運賃検索が可能なサイト ちゅらバス@なび さんと協働しています。

沖縄県環境保全功労者表彰2015年、一連の活動に対し、沖縄県より環境保全功労者表彰をいただきました。

バスマップの概要
掲載内容■地域別路線図(本島中南部・北部・離島と那覇市、名護市内中心部)
■公共・観光施設アクセス案内(紙版のみ)、主要のりばマップ
■モノレール・高速バス・リムジンバスの利用案内
■バスの乗り方、運賃、お得なチケット紹介
■(Web版のみ)系統別案内(個別路線図、時刻表)
■(Web版のみ)質問フォーム など
紙版仕様中南部版、北部・離島版とも広げるとA1版(594mm×840mm)、たたむと99mm×210mm
発行部数2008年11月より10版、計5.5万部発行
配布箇所那覇空港、ジュンク堂書店、那覇市役所等常設配布窓口12ヶ所。そのほか、環境・交通系イベントで配布することもあります。遠方の方には、送料は負担いただいた上で、郵送しています。
主な特長■国土地理院の地図をベースに、ルートを地形に正確に表示
■余計な情報をなるべく省いて、スマートに表現するように心がけている
■停留所名にはルビを振るなど、わかりにくさを極力排除 など
バスマップ沖縄の配布効果
JCOMMデザイン賞2008年度に実施したアンケート(回答者136名)からは、以下のような効果があったとの結果が得られました。
■回答者の約50%が、「クルマでのお出かけをバス利用に変更した経験」をしました。
■そのうち6割は、その時のバスが「『案外』便利だった」と答えました。普段のバスの過小評価がうかがえます。
■バスの利用頻度が増えた人が約27%、クルマの利用頻度が減った人が約12%に上りました。
「バスマップ沖縄」はツールのデザインや効果など、一連の取り組みが評価され、日本モビリティ・マネジメント会議『2009年度デザイン賞』を受賞しました。(気候アクションセンターおきなわとの共同受賞)
ページのトップに戻る
その他の取り組み

沖縄観光地めぐりバスマップ
沖縄観光地めぐりバスマップ近年、沖縄県は周辺のアジア諸国からの旅行客が増加しています。そのような中、外国人も気軽にバスで沖縄旅行を楽しんでもらうための、外国語版バスマップ作成のお手伝いをしました。言語は、英語、韓国語、中国語簡体字、中国語繁体字の4種類です(右の画像は作成途中の日本語のもの)。(A3版、下請として参画)

バスマップの底力
バスマップの底力全国の市民団体仲間や大学の先生たちと、バスマップを切り口とした交通まちづくりの本を書きました。詳しくは、当サイト内こちらのページで紹介していますので、ご覧下さい。

那覇市の公共交通ハンドブック
那覇市の公共交通ハンドブック沖縄県那覇市は、全国で2番目に面積が狭く、4番目に人口密度の高い県庁所在地です。そんな那覇市に転入する方に、市内の公共交通を知ってもらい、クルマを使わなくても快適に生活できるようにと作成したものです。(A6変形版32ページ、那覇市からの委託事業)

バスモノパスマップ
バスモノパスマップ沖縄都市モノレール(ゆいレール)と那覇バスでは、モノレールとバスが1日乗り放題になる「バスモノパス」を発売しています。そのチケットが有効なエリアを表したマップを作成しました。ゆいレールのWebサイトに掲載されています。

沖縄県外自治体の公共交通マップの作成
かさおか公共交通マップ2016年には、初めて県外地域(岡山県笠岡市)の公共交通マップの作成をお手伝いしました。
右の画像をクリックするとPDF版の公共交通マップが表示されます。※2016年3月現在の情報です。

低炭素杯2012
低炭素杯2012全国各地の温室効果ガス排出量削減の活動のうち、効果が高いとされた取り組みが一堂に会した低炭素杯のファイナリストに選出され、東京ビッグサイトで当団体の活動紹介を行ないました。

バスマップサミット
バスマップサミットバスマップを作成している全国各地の市民団体が、交通まちづくりを考えるきっかけとして「バスマップサミット」を開催しています。当団体も毎年参加しています。2009年には沖縄で開催(他団体名義)しました。各年のバスマップサミットについてはこちらをご覧下さい。

なはモビリティウィーク&カーフリーデー
なはモビリティウィーク&カーフリーデー那覇市では毎年9月22日前後の期間に、日常生活におけるクルマの使い方を考え直す社会イベント、「なはモビリティウィーク&カーフリーデー」を開催しています。当団体はその趣旨に賛同して毎年出展し、バスの利用方法を案内したり、バスマップを配布したりしています。
※「モビリティウィーク&カーフリーデー」は、EU(欧州連合)主催の取り組みです。詳しくは、カーフリーデージャパンのサイトをご覧下さい。

ページのトップに戻る
メディア
当団体が記事の作成に関わったり、バスマップが記事に掲載された出版物等です。
左から:「ブルータス」(マガジンハウス)2012/3/15号
「コーラルウェイ」(JTA機内誌)2011年若水号
「ノジュール」(JTB出版)2010年8月号
「コーラルウェイ」(JTA機内誌)2010年清明号
「私の旅レシピ」(JTB出版)2009年夏号
「のんびりゆったり路線バスの旅」(NHK総合)2011/4/16〜)
「バスグラフィック vol.24」(ネコ・パブリッシング)2015年7月号
「ブルータス」(マガジンハウス)2012/3/15号 「コーラルウェイ」(JTA機内誌)2011年若水号 「ノジュール」(JTB出版)2010年8月号 「コーラルウェイ」(JTA機内誌)2010年清明号 「私の旅レシピ」(JTB出版)2009年夏号 「のんびりゆったり路線バスの旅」(NHK総合)2011/4/16〜 バスグラフィックvol.24
ページのトップに戻る
トップページに戻る
- Copyright busmapOKINAWA All Rights Reserved. -